胎教 効果

 

胎教…という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

簡単にいってしまえば妊娠中にお腹の赤ちゃんに対して行う教育、というような意味合いで使われています。

 

昔から、音楽を聞かせてあげるのが良い、話しかけてあげるのが良い、などといわれていて、現在では胎教教室や様々な本が発売されるなど、一般的にも認知されている言葉となっていますよね。

 

この胎教、実はお腹の赤ちゃんに効果がないと唱える人、効果があると唱える人に別れ、医学的なデータとしては特に証明されていないのが現実

 

 

ではなぜこんなにも、多くのママたちの間で胎教が流行っているのでしょうか?

 

それは胎教を行うことでママの精神や気持ちにゆとりが生まれ、その余裕が赤ちゃんにとっても良い影響を与えるからに他ありません。

 

 

効果がないからといってお腹の赤ちゃんに話しかけることをやめますか?

 

意味がないからといって音楽を聞かせてあげることをやめますか?

 

ほとんどのママが「やめない」と答えるでしょう。

 

 

胎教はママが赤ちゃんに、赤ちゃんがママに愛情とつながりを感じる大切な儀式なのです。

 

 

胎教にはどんな種類があるの?多くのママが行っている胎教!

 

例え医学的なデータが証明されていなくても、愛情を感じるお腹の赤ちゃんへ何かをしてあげたいと考えるのがママの気持ち。

 

その気持ちを大切にすることこそがママにとっても赤ちゃんにとっても良い影響を与えてくれるでしょう。

 

 

胎教として多くのママが行っているものとして代表的なものには、以下のものがあります。

 

声かけ・読み聞かせ

赤ちゃんに話しかけたり、本を読んであげること。
読む本の種類について色々な説がありますが、ママが読んであげたい本を選ぶのが一番いいでしょう。

 

音楽を聞かせる

古くから胎教として行われている方法。
モーツァルトがいい、とか○○はダメ、など聞きますが、ママがリラックスできる曲、赤ちゃんに聞かせてあげたい曲を選んであげてくださいね。

 

文字・絵を教える

紙に文字や絵を書きながら、「これが(あ)だよ、」とか「これが木だよ」など赤ちゃんに話しかける方法。

 

胎教という言葉から、赤ちゃんへの教育をイメージしてしまいますが、大切なのはママと赤ちゃんのつながりを実感すること。

 

赤ちゃんに何かを教えると考えるのではなく、愛情を感じあうために行うことを忘れないようにしてあげて下さいね。

 

 

リバイブラッシュ 口コミ